読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

ストレングスファインダーに挑戦。見るべきは自分の短所ではない!長所だ!

その他 その他-自分について

【スポンサーリンク】

こんにちわ、サユです。

以前、こんな記事を書きました。

本を買って「ストレングスファインダー」に挑戦しようと思ったけどお金がないから今すぐにはできない!という内容の記事です(笑)

この記事から一ヶ月以上が経過し、先日、やっとストレングスファインダーに挑戦することができました。

改めて、自分の「長所」と、長所を知ることの意味について考えてみたいと思います。

 

ストレングスファインダーとは?

自分の「短所」について把握している人は多いでしょう。修正すべき点として他人から指摘された経験も少なからずあるのではないでしょうか。

けれど、自分の「長所」を挙げろと言われたら、あなたはすぐに答えられますか?

 

人間が活躍するためには、短所を克服することよりも、長所を生かすことが重要である。だから、まずは自分の長所を知る必要がある。

そう提言しているのが、今回紹介する書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」です。

 

この本の目玉は、質問に答えることによってあなたの「才能」を34種類の中から強い順に5つピックアップして教えてくれる、ストレングスファインダーというテスト。

結果は実に3300万通り以上。生きている間に全く同じ結果を持つ人と出会う確率は限りなく低いです。

 

ストレングスファインダーを受けるためには、専用のコードが必要です。

一番簡単なコードの入手方法は、「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」を実際に購入することです。私がかつて「今すぐにはできない」という記事を書いたのは、この本をすぐに購入することができなかったからです。

専用コードは一度しか使えないものなので、この本を中古で入手することは絶対にオススメできません。中古本にコードがついていたとしても、ほぼ確実に使用済みでしょう。

読み物として十分に価値のある一冊だと思いますが、ストレングスファインダーを受けないとなるとやはり物足りないです。本の内容の半分は、ストレングスファインダーの結果の解説ですからね!

 

 

ストレングスファインダーを受けてみた。

ストレングスファインダーは、その精度が凄まじいということで有名です。

とにかく、当たります。私が知っている限り、誰が受けても「当たっている」と言います。200万人へのインタビューから導き出されたというのは伊達じゃないです。

自分の性格や性質を、これでもか!というほど言い当てられてしまいます。

 

早速、私も受けてみました。

ユーザー登録が必要なので、一手間かかります。

Clifton StrengthsFinder

 

テストの設問数はかなり多く、1問につき20秒の制限時間が設けられているにもかかわらず、全部答え終わるまでに30分以上かかりました。時間に余裕がある時に挑戦することをオススメします。

本来は英語である設問を日本語訳したものが表示されるので、なんとなく不自然な言葉遣いの質問に悩まされることもあったのですが、そこは適当に回答して先に進みましょう。

嘘の選択肢を選ばない限りは、まず間違いなくちゃんとした結果が出ますのでご安心を。

 

で、私の結果です。

f:id:SayuLog:20160517165538p:plain

上に書いてある「才能」ほど、私の中で大きい存在であるらしいです。

つまり、私の1番の才能は、責任感。

 

責任感についての記述はこんな感じになっております。

責任感

あなたは責任感という資質により、自分がやると言ったことに対しては何でもやり遂げようという強い気持ちを持ちます。それが大きかろうと小さかろうと、あなたは完了するまでそれをやり遂げることに心理的に拘束されます。あなたの良い評判はそこから来ています。

もし何かの理由であなたが約束を果たせない時、あなたは相手に対してそれを何らかの形で埋め合わせる方法を無意識に探し始めます。謝罪では十分でありません。言い訳や正当化は問題外です。あなたは埋め合わせが終るまで、生きた心地がしません。

このような良心、物事を正しく行うことに対する強迫観念に近い考え、非の打ち所がない倫理観、これらがすべてあいまって「絶対的に信頼できる」という高い評判を生み出すのです。

人が新しい責任を誰かに任せる時、まずあなたに目を向けるでしょう。あなたがその責任を必ず果たすことを知っているからです。

人々があなたに助けを求めてくるとき――すぐにそうなるでしょうが――あなたは選ぶ目を持たなければなりません。進んで事に当たろうとするあまり、できる範囲以上に仕事を引受けてしまう場合もあるからです。

 

感想:返す言葉もございません\(^o^)/

 

そうなんです。私は責任感の強さだけは自信があるのです。

自分のために頑張ることはできなくても、誰かに頼られるとかなりの無茶ができたりする。 そして、背負いきれないほどの責任を背負って、撃沈する。

 

身に覚えがあり過ぎて(苦笑)

 

2番目の才能は、適応性

これも、私にはドンピシャリだったので、説明を載せておきます。

適応性

あなたにとって今この瞬間が最も重要です。

あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。

これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。

突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。

あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。

 

将来は、今の自分の行動の積み重ね次第で変わるものである。

これは、私の信念のようなものです。

加えて、私にはイレギュラーな事態を楽しむ傾向があります。「なるようになるさ!」ってやつですね。何が起こっても、起こってしまったことにはその場で対応するしかないんだから、何も起こってないうちから余計な心配をするのは無駄だと考えるタイプです。

 

なんだかもう、はい、おっしゃる通りでございます……って感じ。

残りの3つに関しても、ほぼ異論無しでした。ストレングスファインダー…恐ろしい…!!

 

 

どうやって才能を活かすのか。

さて、こんな「才能」を持っている私は、一体どんなことをしたらいいのでしょうか。どんな場面で活躍できるというのでしょうか。

  • 必ずやり遂げる「責任感」
  • 何が起こってもなんとか対応しちゃう「適応性」
  • 自分自身との対話を重ねる「内省」
  • 相手の感情と同調する「共感性」
  • 相手との深い信頼関係を望む「親密性」

……うーん、並べてみてもわからん。ブロガー向きではない、というのは間違いなさそうだけれども!

 

ただ、私が気をつけなくてはならないことが一つ、明らかになりました。

苦境に陥っている人に、助けを求められた時の対応です。

「責任感」で、私はその人を助けるべく全力を尽くすでしょう。「共感性」によって、私はその人の苦しみを我が事のように感じ、苦しむでしょう。「親密性」により、私はその人のことをさらに深く知ろうとするでしょう。「内省」によって、私はその人のために何をしてあげられるのか、自分に問いかけ続けるでしょう。

 

そうなった時の結果は見えています。

そもそもうつ病人である私が、他の人の苦しみまで背負えるはずが無いのです。

確実に、私は体調を崩すでしょう。苦しんでいる人のことを思えば思うほど、私は自分の首を絞めることになるでしょう。

実際に、そういう経験をしたことがあります。私に助けを求めてきた人の苦しみが、私に取り憑いてしまう、ということが、今までに何度もありました。

 

でも、これは「才能を活かす」というのとはちょっと違う気がしますね(笑)

「責任感」「共感性」「親密性」「内省」の組み合わせはちょっと危険を孕んでいるような気がします。もしストレングスファインダーの結果にこれらを持ち合わせている方がいらっしゃったら、わたしと同じような経験が無いかどうか、是非お話を伺ってみたいです。

 

個人的に、「適応性」を「才能」として指摘されたことがちょっと自信になりました。行き当たりばったりな自分があまり好きではなかったのです。

でも!才能だと言われてしまえば!それを自分の長所として受け入れるのみ!!

自信持ちたいと思います! 

 

長所がわからない?だったらテストを受けよう!

ところで、「親密性」という診断結果には、どこかで見覚えがあるような気がします。

……冒頭の記事の中で私が受けた、リクナビネクストのグッドポイント診断の結果です\(^o^)/共通!

 

ストレングスファインダーを受けるためには本を買う必要があるので1700円くらいかかってしまいますが、リクナビネクストのグッドポイント診断は会員登録さえ済ませば無料で受けることができます。

自分の長所を知りたいけど、お金がかかるのは嫌だ!という方には、リクナビネクストのグッドポイント診断をオススメします。こちらもかなり的確に私の特長を指摘してくれました。

 

ストレングスファインダーの結果は驚くほど的確です!

長所を指摘することが目的なので、基本的に良いことしか言ってくれません。ちょっと気分良いです(笑)

約1700円ですが、それだけの価値はあります。

自分の長所と向き合うことで、今までの自分の行動が理解できたり、自分の「短所」を見直す機会にもなります。

自分に自信が無い人、自分の長所がよくわからないという人は、是非挑戦してみてください!