おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

私は多分結婚できないだろう。うつ病ニート女も少子化の原因になりますか?

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。

29歳のうつ病ニート女です。

高校は女子校でした。7浪の末入学した大学は通うのが精一杯で、サークル活動なんかとても無理。さらに一留して三年次で中退したので、研究室での活動もほとんど経験しないまま終了。

最大限、出会いが無い人生を送ってきた人間です。

 

高校時代の女友達3人のうち、2人は大学で知り合った男性と、もう一人は25歳の時にネットのお見合いサイトを利用して年上の男性と結婚しました。唯一独り身の私は、彼女達とはすっかり疎遠です。仕方ないね。

 

繰り返しますが、うつ病ニート女29歳です。ノースキル、生活力皆無、ついでに女子力もありません。こんなん誰が貰ってくれるんじゃ!と我ながら思います。

私は結婚できないでしょう。相手がいないから?いいえ、そもそも相手を探そうとしないから。

私には恋愛、というか、「相思相愛」というものが、想像できないんです。そんな奇跡のようなことが自分の身に起こり得ると思えないんです。

 

 

恋愛に縁がない人間。

f:id:SayuLog:20160523170415j:plain

私に恋愛感情が無いわけではありません。私だって男性を好きになったことはあります。ただし小学生時代の話だけれども!

小学生の時に好きになった彼とは今も友人です。ちなみに25歳くらいの時に一度告白したんですがすごく中途半端な感じでフられました。初恋をこじらせたってやつですかね。

 

彼は「返信面倒くさい」と思ったらメールを返してくれないという素晴らしい性格なので、いかに飽きさせずに話題を提供するか毎回悩まされます。先日は久々に帰省した彼に「呑みに行こうぜ!」と誘ったのですが返事は返ってきませんでした(笑)無視かよ!!

とにかく、彼は友人です。

 

少ない出会いの中で、良いな、と思う人に出会うことは何度かあったんです。

ただ、大学に7浪して入ったと言いましたよね。周りはみんな7歳か6歳は年下なわけです。そりゃ、誰も私を恋愛対象としては見ないよなぁ。

最初から漂う諦め感。

 

 

男性恐怖症疑惑。

私は下ネタにはいつでも適応できますが、男性と接触するのが苦手です。お陰で整体にもいけません。家族がお世話になってる整体に一度行ってみたのですが、全くリラックスできずに疲労困憊する有様。

小学生の時に変質者にうっかり襲われかけた経験があるからなのかもしれませんが、男性っていうだけで何となく怖いんですよね。男性=女性を性の対象として見る、という失礼な先入観が私の中ではびこっているように思います。

 

私は性の対象として見られることに恐怖を覚えてしまうようです。胸は小さいしスタイルも悪く痴漢に遭ったこともないので全くの杞憂なのですが、男性が性的な感情抜きで自分に好意を持つということが想像できません。

そりゃ、私だって好きな相手とだったらイチャイチャベタベタしたいよ!でも、イチャイチャベタベタの前に相思相愛になりたい。心を通わせて、話はそれからだ。

 

自分が誰かと「相思相愛」になるなんていう奇跡が、想像できない。私の人生に大きな爪痕(?)を残した男性は、長い片想いを拒絶してくれた友人と、男性への認識を歪めるきっかけになった変質者野郎。これってもしかして結構な不運なのかも。

恋人と仲睦まじくしている自分の姿が、本当に想像できないんですよ。

 

 

結婚できない事情もあるんだよ。

うつ病ニートで、もうすぐ30歳。障害者年金貰わなきゃならない程度に重症で、1日の大半を横になって過ごしてる。そりゃあ、誰もこんなのと結婚したいなんて思わないだろうよ。

自分の自己肯定感が低いとは思いません。やればできる子だと自分では思っています。ただ、現在の状況を書き出してみて、こんな女と結婚したい男性が居るか?って、客観的に考えたら、答えはNOでしょう、どうやっても。

 

私は両親に愛されて育ちました。祖父母にも愛されて育ちました。家庭に問題は何もありません。両親の仲はとても良いです。

でも、私は結婚できないんだろうなぁ。

結婚して何のメリットも相手に与えられないからには、恋愛結婚しかない。でも、男性にアピールできるものなんか何も持ってないし、むしろこんな自分に近づいてくる男性がいたら警戒します。疑っちゃいます。

うーん(笑)

 

そんなことを言っているうちに30歳になって、「少子化の原因」とか呼ばれたりするんだろうな。極めて不本意。

仕方ないじゃないか、好きでこうなったわけじゃないやい!

両親に孫の顔を見せてあげられないことだけは心が痛むけれど、一生独身の覚悟を固めつつある私なのでした。