読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

おどりば

うつ病は栄養不足が原因?!栄養療法、始めました。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。

 

うつ病の原因は栄養不足だ!」って言ったら、あなたは信じますか?

もしかしたら、あなたが「うつ病」だと思っている症状は、栄養不足によるものかもしれない。そう言われたら、気になりませんか?

 

テレビ東京「主治医が見つかる診断所」などのテレビ番組への出演で有名な、心療内科のドクター・姫野友美医師。 

f:id:SayuLog:20160606204932j:plain

出典:主治医が見つかる診療所:テレビ東京

「栄養療法でうつ病は治る」と、この方は提唱しています。不足している栄養を補えば、あるいは過剰に摂取している栄養を控えれば、うつ病を根本的に治療することが可能だというのです。

私はこの理論を、とても合理的だと感じました。自分が持っている(一応、生物化学系の大学に通っていましたので)知識と合わせて考えても、十分にあり得る話だと思ったんです。

 

私がうつ病になってから約15年。

様々な治療法を試してきました。

www.sayulog.com

しかし、改善はしたものの、いまだ根本的な解決には至っていません。「良くならないけれど、これ以上治療方法がない」という状態が続いていました。

そんな時に出会ったのが、栄養療法です。

挑戦しない理由がないですよね!  

 

と、いうわけで、姫野友美医師が院長を務めるひめのともみクリニックに通い始めたので、ちょっとしたレポートです。

私は現在通っている精神科の医師を信頼しているので、ひめのともみクリニックは栄養療法のためだけに受診しました。投薬治療は今まで通り継続して、同時に栄養療法に挑戦するかたちです。

 

 

ひめのともみクリニック

ひめのともみクリニックは、東急坂上線・大崎広小路駅からすぐのところにあります。

JR山手線・五反田駅からは徒歩で7分程度。初回は大崎広小路駅で下車しましたが、二回目からは五反田駅で下車して、歩いています。

東急坂上線の電車を待っているくらいなら歩いた方が早いんじゃないか?っていうくらい、五反田~大崎広小路間は短いです。広い道を進むだけなので、迷うことはありませんでした。

1階にファミリーマートがあるビルの4階に、クリニックと、サプリを販売しているオフィスが入っています。

 

 

栄養療法初回:検査!

一番最初は電話予約が必要です。なかなか予約が取れなくて…という事態も覚悟していたのですが、簡単に予約が取れました。

栄養療法は「食事療法+サプリで足りない栄養を補う」のが基本です。まずは自分に足りていない栄養素を調べる必要があります。

というワケで、血液検査と尿検査を受けました。オプションでペプシノーゲン検査と、ついでにピロリ菌のチェックもお願いしました。糖負荷試験については何も言われなかったので受けませんでした。

 

検査のお値段:48270円

 

……うん、お金がかかるってことは知ってた。大丈夫。

 

心療内科」として受診したわけではないので、私の担当医は姫野先生ではなく、西澤先生です。栄養療法のプロフェッショナルで、好感の持てる明るい方です。初めての病院ということで緊張していたのですが、先生と話してみたら安心できました。

最近の食事内容について詳しく質問されたので、自分の記憶のある限り答えた結果、検査結果を待たずして「タンパク質」と「鉄分」の欠乏が疑われるとの診断が(苦笑)

 

検査結果が出るまでに一ヶ月かかるので、それまでの間、確実に欠乏していると思われるヘム鉄のサプリをとりあえず飲んでみよう!ということになりました。

 

サプリのお値段:5760円(15日分)

 

……うん、お金がかかるってことは知ってた。大丈夫。

 

 

栄養療法二回目:検査結果→栄養指導!

f:id:SayuLog:20160606211753j:plain

二回目の通院日。

受付を済ませるとすぐに、「栄養解析レポート」としてファイリングされたものが検査結果として手渡されました。

前回受けた検査結果の説明と、実際の検査結果の数値と、検査結果から判った私の栄養状態の説明まで詳しく書いてあります。これにはちょっとびっくり。

 

問題の検査結果なのですが、随分といろいろ欠乏していました!

鉄・タンパク質・ビタミンB・ナイアシン亜鉛などなど。 顕著なのは鉄とタンパク質の不足でした。先生の見立て通りですね。

 

栄養療法では「数値が基準値内に入っているからOK」という考え方はしません。数値が基準値内であっても、不足が疑われるものは補います。

同じ栄養素が同じ量体内に存在していたとしても、その栄養素が体内でどれくらい効果を発揮できるかには個人差があります。ある成分の数値が基準値を下回っていても何の問題もなく元気でいる人もいるし、基準値内なのにその成分が不足しているような症状が出る人もいます。

そういう可能性を考えたら、あやしいところはまず補ってみるのが得策なのです。

 

それと、今の私は胃の消化能力が落ちていることがペプシノーゲン検査で判明しました。つまり、タンパク質がしっかり消化できていない可能性大。そりゃタンパク質が不足するハズですわ。

ついでに腸の状態もよろしくない。腸の状態がよろしくないと、栄養がちゃんと吸収されませんから、これまた栄養不足の原因です。

 

これらの結果をふまえて、西澤先生から栄養指導を受けました。

要約すると「タンパク質と食物繊維を摂れ!!」の一言になってしまうのですが、私が手の掛かる料理を自力では用意できないことや、起きるのが遅くなると一日二食になったりすることも考慮に入れて、30分以上かけて具体的なメニューまで提示して貰えたので非常にわかりやすかったです。明日からすぐ実践できる感じ。指導内容をプリントアウトして貰えるのも有り難いです。

 

そして、最後はサプリメントの処方です。

不足している栄養素が多かったため、おすすめのサプリは全6種。

「最初から全部飲むのは量的に大変かもしれないから、いくつか選んで飲むのもOK」と言われたのですが、長いうつ病人生活のおかげで薬を飲むのには慣れています。同伴した母親のすすめもあって、全部飲んでみることにしました。

もちろん、順次減らしていくことを前提としていますが!

 

今回のサプリのお値段は3万円超え(約二週間分)。

診察代は5620円。

 

……うん、お金がかかるってことは(以下略)

 

 

栄養療法の効果に期待。

今後はしばらく、2~3週間に一回のペースでひめのともみクリニックに通院し、経過を観察することになります。

両親の全面協力の下、タンパク質と食物繊維の多い食事を摂り、サプリを飲んで、これまでとはちょっと違った方向からうつ病と戦います。

正直、期待しています。お金かかってますから←

私という人間の維持費が跳ね上がってしまいましたが、それを許容してくれた両親に感謝して、まじめに取り組みます。

 

栄養療法の考え方は普段の食生活にも取り入れることができます。

うつ病の原因は栄養不足かもしれない!」と言われて気になった方には、こちらの本をおすすめします。 

できるだけ簡単に栄養療法について知りたい!という方には、この本がおすすめ。

これから、自分の体で栄養療法の効果を検証します。副作用が無いので、安心して実験台になります(笑)

うつ病」と「栄養不足」を結びつける考え方はもっと広まるべきだと思いますので、今後、このブログでも情報を発信していきたいと思います!!