読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

プロブロガーを目指すなら社畜を経験すべきだという暴論を唱えてみる。

コラムのようなもの コラムのようなもの-オピニオン

【スポンサーリンク】

こんにちわ、サユです。

今日の記事も言及から入ります。
私の周りでちょっとだけ話題になってる、ブロガーを夢見る若者のエントリー。

www.airdays.net

それに対するこちらのエントリー。

www.pojihiguma.com

この二つを読んでふむふむと思ったので、私の意見を言わせてください。

「社会に出られなかった人間」の意見です。

 

 

ブログは簡単には稼げない。ソースは自分。

私は高校時代にうつ病になり、7浪して大学に入るも中退して現在無職、未だにうつと闘病中という身の上です。障害者手帳2級を持っています。

こんな私でもやればできるんじゃないか?!と一念発起して4月からブログを始めました。
さらに、なんとか稼ぎたいと思ってアフィリエイト情報商材を買ったりもしました(現在月3万円のローン返済中)。

でも、全く稼げてません。
はてなブログPROの代金をかろうじて払えるかどうか、といったところです。

同時期にブログを始めた人の中には、3ヶ月で10万円単位の収入が得られるようになった人もいます。すごいですよね。

アフィリエイターでもこんなに急激に稼げるようになる人はそうそういないでしょう。

タケノコのように伸びる若いブロガーが現れている現在、ブロガーって情報商材のネタにしやすいんだろうなー、と他人事のように思っています。

確かにすごい人もいます。でも、その陰に私のような「すごくない人」がどれだけたくさんいるのかは、きっとブログを始めてみないと実感できないことでしょう。

ブログを始めるからには、みんな一度は夢見てると思うんですよね。「もしかしたら自分が!!」って。

大丈夫、そんな甘いもんじゃないから。

 

 

私の夢は社畜だった。

f:id:SayuLog:20160707172752j:plain

やりたいことが特に無くてサラリーマンになれる立場にあるなら、プロブロガーの前にサラリーマン目指しておけよ!……と、社会に出ることができなかった私は思ってしまうのです。

プロブロガーは、分類するならば芸能・タレント系の職業です。
生活できるレベルまで稼げるようになるブロガーはほんの一握りです。
……一握りもいないかな。

「やりたいこともないし、就職なんかしたくないからプロブロガーになりたい!」という人は、とりあえずあなたが知っているプロブロガーを全員リストアップし、さらにその中でサラリーマンを経験したことのない人に丸をつけてみてください。

どれくらいいますか?

プロブロガーという職業を提唱し、社畜をあざ笑うスタイルで有名なイケダハヤトさんでさえ、最初は普通に就職したんですよ。彼は、普通に就職した後で紆余曲折を経た結果、「まだ東京で消耗してるの?」と煽る境地に至ったんです。

社畜の悪さは社畜を経験しなければ見えなかったでしょう。社畜の悪さを身をもって知っているから、彼はあれだけ強く社畜をディスれるんです。

 

そんなイケハヤさんと同い年の私は、つい最近まで社畜になるのが夢でした。

ふざけてはいませんよ、本気でサラリーマンとしてこき使われることが夢だったんです。いや、マゾヒストでもありませんよ。真面目です。

私は会社員の気持ちがわかるブロガーさん達が羨ましいんです。

 

 

プロブロガー目指すなら就職してみれば?

世の中の多数派はサラリーマンです。私には、サラリーマンなら誰でも経験しているようなこと、すなわち世の中の多数派の人達が経験しているようなことについての知識が全くありません。

就職活動をした経験も、中身の薄い会議にうんざりしたことも、上司の理不尽に悩まされたこともありません。

もしこれらのことが理解できたなら、私は今よりももっと多くの人の共感を得られる記事が書けるだろうに!!

 

私は思うのです。

本気でプロブロガーを目指すのであれば、「誰もが経験する社会の不合理で理不尽な部分を経験するため」という理由で就職するべきなんじゃないか、と。

もちろん、何かやりたいことがあるなら別です。それこそ人生を捧げたいと思えるような何かがあって、その何かを追究できる環境が整っていて、それをネタにしてブログをやっていこうというのなら、わざわざサラリーマンになる必要はありません。

けれど、漠然とプロブロガーを目指し、それを理由に就職活動を放棄することによって得られるものは何も無い。モラトリアムの延長を試みているようにしか思えません。

それに、社会を知らない人間が書いたブログなんて、たかが知れてるんです。(他人のことは言えないけれど!)

 

 

ブロガーは人生がネタなんだ。

社会に出る前にプロブロガーという夢を見る若者に言いたい。

就職活動できるってことは、サラリーマンになれるってことは、あなたは健康なんだろうね。それってとっても恵まれてるんだぞ。

せっかくだからその健康な体で、ちょっくら社畜を体験してきたらどうだい?

プロブロガーになるってことは、人生の全部をブログに捧げるってことだ。
遊びと仕事の境目がなくなる代わりに、仕事から解放されることもなくなるんだ。
生き様を全部ブログのネタにするような人達がプロブロガーなんだ。

社畜を経験したら、あなたのブログのネタは確実に増える。これは断言しよう。社畜ならではの苦労を語れば、世の社畜はたちまちみんなあなたの味方だ。ついでに給料も貰える。悪い話じゃないだろう?

一生社畜をやれとは言わない。ブログで稼げるようになったら仕事なんかやめればいいんだから。
もちろん、ブラック企業だったらブログで稼ぐ云々の前にさっさとやめた方がいい。うつ病にでもなったら取り返しがつかないからね!

ブログのネタはブロガーの人生から生まれる。ブロガーの人生が変化に富んでいるほどブログは面白くなる。

「現代の社畜を知るために就職したけど、ブラックだったからさっさとやめた」なんてブロガーが現れたら、ちょっと面白いと思わないか?

 

我ながら無責任なことを言っているとは思います(笑)
でも、社会に出たことのない人間にとって、社畜って憧れなんですよねぇ。

健康っていいなぁ←