おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

とある無職うつ病人がなかなか家から出られない。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。

 

……サユです。
筆者は一人芝居形式が気に入ってしまったらしい。
茶番は承知だが堪えてくれ。

 

 

関東は暑かったり涼しかったりゲリラ豪雨だったりですが皆様いかがお過ごしですか。
私は今日は美容院に行く予定でした。
最後に髪を切ったのが4月なので、そろそろ限界なんですよね。髪がモッサモッサしてます。暑苦しいです。見た目的に苦しいものがあります。

 

予定だった、ってことはつまり。

 

はい。行けませんでした。

だからブログ書きます。
テーマは「とあるうつ病人が外出する際に立ちはだかったハードル達」

 

……。

 

改めて考えてみてくださいよ。

「外出する」って結構大変なことなんですよ?

 

 

ハードル① 布団から出る

 

これな。
最初にして最大のハードルな。

 

 
実はこの記事も、そもそもは朝起きて布団から出られないからそのまま書き始めたっていう…。

 

スマホは素晴らしいぞー。
寝たきりでもブログ書けるぞー。

 

 

布団から出るという第1障害を越える必要が無いという点で、私にとってブログを書くことは非常に楽なことなのです。 

もちろん、投稿する時にはパソコンを使うため布団を出ることになりますが、逆に言えば、布団から出るだけでブログは投稿できるってこと。
記事を投稿する瞬間のワクワクのためなら布団を出るくらいのことはやりますって。 

 

 

ハードル② 食事

めんどくさいですねー!食事!
食べるの面倒くさい!

 

終わってるな。
自炊してるワケでもないのに…。

 

 

一応栄養療法に取り組んでいるので、バランスの良い食事を心掛けているのですが、食べなくちゃどうしようもないですよね。

 

バランス良く用意しているのは母親だ。
出されたものを食べるのが面倒だという最低な話をしている。

 

 

一時の強烈な食欲不振からは脱したものの、今でもあまり食欲はありません。
腹減りが限界になったら食べる、って感じです。
朝起きて、布団から出られなくて、食べる気にもならないうちに、もう昼ごはんの時間じゃん!今日は二食だな!…なんてことも珍しくありません。

 

もちろん母親はメシマズではない。

 

だってさ、焼き鮭とかさ…、ほぐして食べるの面倒じゃん?

この時間じゃ味噌汁も冷めてるし…、まぁ冷めたいまま飲むんだけどね。
米をあっためるのも面倒じゃん?だから食べなくても良いかなって…。
納豆?!無理、黙って冷蔵庫に戻すわ。

 

お前は一度地獄の門をくぐってきた方が良いんじゃないのか?

 

 

 

 

ハードル③ 薬とサプリ

食事のついでに飲めば良いだけじゃん、と思うでしょ?
そうでもないんだなぁ…。

私の朝のノルマはこちら。

f:id:SayuLog:20160715204931j:plain

 

多いわ!!

 

ほとんどがサプリです。

この中で精神科で処方されてる薬は3錠だけ。
飲む時はまとめて一口で飲めるから構わないんだけれども、これを揃えるのがなんとも面倒くさい。

うつ病の薬はお薬ボックスに入れて管理しているのですが、サプリは一錠ごとにパッキングされていないので、お薬ボックスに入れるワケに行きません。
というか、そもそも多すぎて入りきらない。

食事の際に薬を飲んでしまう!を習慣化しているお陰でクリアできるノルマです。
薬に関しては、正しくは食後30分で飲むのが正解なんですが、そんなこと言ってたら絶対続かない。
だから全部まとめて飲む!

 

妥協という名の言い訳だ。

 

 
 
 

ハードル④ 着替える

おしゃれなんてわかんないよーもおおお(泣)

外出用の洋服がないわけじゃないんですが、着たいな、って思った服に限って見付からないなんて日常茶飯事。
だって普段外出しないから着ないんだよ。
着ないうちにどっか行っちゃうんだよ。
やっと見付けてもシワシワになっててアイロンが必要だったりしてさぁ!!
一層面倒くさいわ。

自宅ではTシャツにリラコ(ユニクロ)。超楽チン。流石にこのまま外出しようとは思いませんけれども。
……田舎だったら許されるかな…?

 

最低限の何かを身に付けないまま三十路を迎えようとしている。

 

 
 
 

ハードル⑤ 寝癖を直す

私は、髪が短い所為でメチャクチャ寝癖がつきます。
布団に入ってる時間が長いから尚更ですね。頭もしゃもしゃです。
これが直んないんだわ。どうやってももしゃもしゃの名残が消えないんだわ。

 

はよ美容院行けや。

 

だから今、行きたいけど行く気になれなくて困ってんじゃん…。

基本的に私の寝癖は綺麗に直らないので、帽子かぶっちゃいます。
帽子万能説崇拝系。とりあえず隠せば問題解決!( ・ㅂ・)و ̑̑

 

……(もうダメだコイツ)。

 

 

 

ハードル⑥ 化粧する。

……っていっても、私の場合顔にCCクリーム塗りたくって終わりなんですけどね。
しんどい時にはそれさえしんどいっていう。

 

【急募】女性らしさ

 

 
健康な女の人でも苦労してるっぽいのに、私がマトモに化粧しようなんて考えたら、それだけでしんどすぎて布団から出られなくなることうけあい。

 

 

ハードル⑦ 持ち物を用意する

財布と、Suicaと、障害者手帳と、家の鍵と、その他諸々。
財布買い替えなきゃなーとか、Suicaの残金足りないからチャージしないとなーとか考え始めると、だんだん面倒くさくなってきて布団に入る。

 

入るな!!

 

 

 

ハードルがたくさんあると思ったら負け。

自分の前にズラーッと並んでいるハードルをのことを考えると、外出する気力が萎えしぼみます。

よっぽど心をぴょんぴょんさせてくれるようなことが目的地で待っていてくれないと、私はまず布団から出るという第1障害を越えることさえできないのであります。

だって身体重いし(鉛様麻痺)。
私の周りだけ重力に異常が起きてるとしか思えないし。
めんどくさいし。
やる気出ないし。

サラリーマンなら「あー、仕事行きたくねー」と思うことがあるでしょう。
その「行きたくねー」の憂鬱感が日常的に私の四肢を大地に縫い付けやがるのです。

何かをしなければならない時ほど、私は動けなくなる傾向にあります。
ハードルがあって、このハードルを越えても次があって、次を越えてもその次が…と思うと、やる気は萎えるばかり。

 

どうしようもないね

 

だってしんどいんだもん(´;ω;`)

 

 

対策:その気になった時にやる。

この一言に尽きます。というか、他に手段がありません。

時々、ふっ、と浮力が発生するみたいにやる気が出ることがあるから、それを逃さず捕まえる。

それは私の場合、ブログやりたい!かもしれないし、プラバンやりたい!かもしれないし、スタバ行きたい!かもしれない。何が出るかは判らない。
とにかくそのやる気を捕まえて乗っかって、やりたくなったことをやってみる。
たとえそれが、「やらなきゃならないこと」ではなくても。

「やらなきゃならないこと」を目指すと、多過ぎるハードルに白旗を上げることになるけれど、「やりたくなったこと」までのハードルは、どんなにたくさんあっても問題無く越えられるんですよね。

ずーっと布団の中で悶々しているよりは、何でも良いからやれることをやった方が精神衛生的にも良いでしょう。

私にとってやる気は浮力です。
身体が軽くなる時に、本当にフワッていう感じがするから。
このフワッとなった、自由に動ける状態が恐らく「普通」なのでしょう。
健康な人ってスゲェなぁ。

 

そんなこんなで、
自宅の外に「やりたいこと」が滅多に発生しない私は、なかなか外出できません。
朝散歩に出かけてもすぐ帰ってきてしまいます、どうにも退屈なので。

 

出不精だしな。運動嫌いだしな。

 

 

だからさ。

ポケモンGO、まだかなァ?!

 

(´Д` )

 

 

 

以上、結局1日を布団の中で過ごしたうつ病人の自室からお送りいたしました。