読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

このままじゃ嫌だ。でも何かできるならとっくにやってるんだよ。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。
障害年金受給の際に、診断書に「終日りん床がち」と書かれたうつ病患者です。
……りん床?臨床?
意味がよくわからないのですが、字面から判断するに、恐らく主治医が言いたかったのは「一日中布団で横になってることが多いよ!」ということなのだと推察して無理矢理納得しています。

うちの主治医は字がメチャクチャ下手です。診断書も一歩間違えたら暗号文章です。解読必須。

ここ数日、「終日りん床がち」になっています。

クラウドソーシングで書かなきゃならない記事があるのですが、全く取り組む気になれません。
身体重すぎ、頭動かなすぎ。布団の上に潰れた体勢でラジオを聞いて1日をしのいでいます。

そう。
「しのぐ」っていう言い方が今の自分にはすごくしっくりくるんです。

 

 

現状で精一杯。

まったく困ったものです、身体は重いし、息は苦しいし、胃は気持ち悪いし。

あまりの退屈さに耐え兼ねて、指一本をやっとこさ動かしてスマホでこの文章を書いていますが、「生きてるだけでしんどい」状態の真っ只中に放り込まれた今、しんどさを耐えしのいで浮上の機会を待つことしかできません。

私は常々「自分はうつ病を治すための努力が足りていない」と思っていますが、もしも今「お前はうつ病を治そうとする努力が足りん!」と責められたら、「こんなにしんどいのに無茶言うんじゃねーよ!!」って怒鳴り返すことでしょう。
「今をしのぐだけで精一杯だよ!!」って。

努力が足りないなら努力すりゃ良い。
そりゃあその通りなんだけれども、努力の必要性を感じた時すぐに努力できる人間ばかりじゃないと思うワケですよ。
とりわけ、うつ病患者の場合は。

 

 

何かできるならやってるってば。

体調が悪い時に目にするとツライ言葉があります。

何もしなければ何も変わらない

……まぁ、その通りですよね。高校物理の授業でも習うこの世の真理です。
体調が良い時の自分ならば「そうだね!まずは動かなくちゃ!」って思いますよ。

けれども、今の私の身体の重さは物理学では説明できません。
だって、もうずっと布団の上で潰れたカエルみたいになっているんです、私の周りだけ重力が狂ってしまったとしか思えない。
9.8m/s2?そんな生易しいものじゃないぜ、こいつは。

このままじゃ嫌だ、って思ってます。やりたいことがあるんです。

でも、このしんどさを、息苦しさを、気持ち悪さを乗り越えるためにどのくらい、無い力を振り絞れば良いんでしょうか。ただしのぐだけでもかなりキツイっていうのに。 

「何もしなければ何も変わらないよ」
「寝てるだけじゃ良くならないよ」

そんな風に言われたら、涙目で怒鳴り返してもバチは当たらないと思うんです。

何かできるならとっくにやってるわ!!

親切なアドバイスが心をえぐることって、ありますよね。
親切だって解ってるからあんまり無下に扱えなくて困ることもあるんだけどね。

 

 

うつ病ブロガーの理想と現実。

布団の上で潰れたカエルになっていると、深刻なブログのネタ欠乏に陥ります。

ブロガーには変化が必要です。
私は自分のブログに自分が経験したことしか書けないタイプのブロガーなので、自分が何か行動したり刺激を受けたり変化したりしないと、たちまちブログに書くことがなくなります。

普通の人なら、30年も生きていればそれなりに「これまでの経験のストック」というヤツを持ち合わせているものだと思うのですが、私には面白いほど何もありません。うつ病歴15年は伊達じゃねぇ。

これまでの人生、ほとんど布団で寝てただけだもんね。就職活動したことさえないもんね。ネタになるような友達もいないもんね。

だから本当に、いつまでも「りん床がち」の潰れたカエルをやっているワケにはいかないのですが!!

身体は重いし息は苦しいし胃は気持ち悪いし、ついでに頭痛も始まって、これで気分が落ち込んだらロイヤルストレートフラッシュだよな!!って感じなのが現状_:(´ཀ`」 ∠):_

うつ病だけど前向きな自分」を前面に出して、同じ病気で苦しんでる人に勇気をお裾分けしたい!

常々そう思っている私ですが、だからと言って前向きな話ばかりをすることができない辺りが、うつ病ブロガーの理想と現実なのだと思うのですわ。

 

 

今は我慢の時。

「何かできる」時にはちゃんと行動を起こせるように、今はただ耐えしのぐのです。

しんどいし、悔しいけど、何もできないからこうなってるんです。
気合や焦りで何かができるんなら、とっくにやってるんです。

うつ病許すまじ。
どろどろと流れる時間の中で、今日も闘っています。

闘ううつ病患者に幸あれ。