おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

アモキサン減薬チャレンジ・後日談。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。

生きてます!!(笑)

前回の記事を投稿した後、またあちこちから「一気に減らし過ぎじゃないの?!」「それ減薬ちゃう!断薬や!」などの心優しいツッコミをいただきました、本当にありがとうございました(´;ω;`)

全ての薬をストップしたワケではないので「減薬」という言葉を使いましたが、アモキサンに限って言えば「断薬」ですよね、そうですよねええええ。

減らした後で調べてみたら、アモキサンって10mgとかもあるんですってね。
25mgから一気にゼロにしちゃうのってどうなのさ。ねぇ。

ドクタァーーー!!\(^o^)/

 

結論から言うと、減薬(断薬?)は一旦諦めました。
今は、改めてアモキサンを飲んでます。

アモキサンを減薬したらこうなった。うつ病の減薬の際に気をつけてほしいこと。で書いた、アモキサン離脱症状であろうと思われる症状の数々はおおよそ5日間くらいで収まりました。
ちなみにピークは3日目でした。ちょっとした地獄を見たぜ(遠い目)

その後、離脱症状が収まったら楽になるかなぁ、なんて思っていたのですが、そんなに上手くはいきませんでした。

そうですよね、それでこそ私の人生ですよね!!
上手くなんかいきませんよね!!(´;ω;`)

 

 

アモキサンを再び飲み始めるまでの顛末。

離脱症状が収まった後に残ったのは、ダメダメになったメンタルと、ほぼ機能停止した脳みそでした。
例えるなら、脳の代わりにスリープ状態のパソコンを頭に搭載しているような感じになったんです。脳みそが常時スリープ、しかも起こし方がわからない。
スマホを覗いても文字の上を視線がつるつる滑っていくばかり。摩擦ゼロ!!

何時間でもじーっとして、何もせずに布団に横たわっていられました。
気がつくと眠っていて、自分が今夢の中にいるのか現実を生きているのか時々判らなくなるような状態。
うつ病を治したい」なんて気持ちはどこかに消えてしまって、今も過去も明日も未来も全部どうでもよくなりました。

一言で言うなら「生きている実感が無い」。

パソコンに向かうこともできないし、ブログを書く気にもならないし、Twitterに呟く気力も湧かないし、食事の味もよくわからないし、トイレに行くために身体を起こすのが面倒で限界までガマンして初めて「あ、コレは夢じゃないわ」なんて悟ってみたり。

息をしているだけの屍状態、と表現すればいくらか伝わるでしょうか。

昔、うつ病が一番酷かった頃のことを思い出しました。
10年ほど前の私は、目が覚める度に「まだ生きてるのか」と落胆することを繰り返していました。自力で死ぬことができないから、その結果として生きているだけの日々。
懐かしいけれど楽しい思い出ではありません。
あの無気力のどん底を、再び味わうことになろうとは…。

 

自分が生きているのか死んでいるのかもよくわからないぼんやりした状態の中で、丸2日間過ごしました。やたら長い2日間でした。

見かねた母親が声をかけてくれました。

「あんまり苦しかったら、薬を戻しなさいよ。飲めば楽になる薬を我慢して苦しまなくても良いんじゃないの?」

私は母親の言葉に飛びつきました。母親の言葉がなかったら、私は今も息をする屍状態でいたかもしれません。そのくらい思考能力が衰えていましたから。

まだアモキサンをやめてからたった一週間です。結論を出すには早過ぎるかもしれない、とも一瞬思いました。
でも、苦しさの方が勝りました。

「必要とあらばまた減薬する!アモキサン再開しても体調が悪いままだったらまたやめれば良い!離脱症状の地獄だって1回見てるから2回目はそんなに怖くないし!とにかく今はこのままじゃ気が狂う!!」

かくして、減薬チャレンジは一旦終了。
私は1日25mgのアモキサン服用を再開したのであります。

 

 

アモキサンを再び飲み始めたらこうなった。

アモキサンを再開して3日経ちました。
アモキサン離脱症状の苦しさで複雑骨折したメンタルは未だ回復せず、うつ病への闘争心を大幅に失った状態ではありますが、とりあえずこうしてブログを書けるところまでは戻ってきました。

セルフ人体実験の結果を尊重すると、「アモキサンはある程度効いている」という結論を出さざるを得ません。
まぁ、効くって言っても快癒には程遠いけれどもね!!あった方がマシ、って程度だけどもね!!

アモキサンをやめた時の脳みそが「起こし方がわからないスリープ状態のパソコン」ならば、アモキサンを飲んでいる時の脳みそは「画面のノイズがひどい低速パソコン」って感じです。
ノイズがひどくても動作が遅くても使えるだけまだマシですよね…。
もうしばらくはこの脳みそでなんとかやっていくしかないということなのでしょう。

 

そういえば。
長らく慢性的な頭痛に悩まされていたのですが、アモキサンをやめて数日経ったら頭痛がさっぱり無くなったんですよね。
で、アモキサン再開したら、翌日から頭痛が元通り復活したんですよね。
これってやっぱり…頭痛はアモキサンの副作用ってことでOK…??_:(´ཀ`」 ∠):_

もっと体調が良くなったら、改めてアモキサンの減薬に挑戦したいです。今度はいきなりゼロにしないで!ちゃんと「減薬」しよう!!(笑)

 

 

これからどうしよう!!

f:id:SayuLog:20160902210628j:plain

近々、血液検査を受けに行っています。 
栄養療法でサプリをどっさり飲んだ成果を確かめるためです。

検査の結果が出るまでに1ヶ月くらいかかってしまうので、サプリによって私の身体に変化が起こったかどうかを確認できるのはまだ先の話なのですが…、これで数値が改善されてたら、ホントにうつ病に打つ手が無くなるので凹みそうです…。
うつ病の改善を目的に栄養療法を始めてから3ヶ月以上経ちましたが、体調が良くなった感じはありません、今のところ。

でもまぁ、高額サプリをどっさり飲んだのに数値に改善が見られなかったらそれはそれで凹むかな(苦笑)

精神的にはわりと元気なうつ病患者!ってことでやってきた私ですが、今回はちょっと精神面にダメージを食らってしまいました。あうち。

 

「チャレンジ続きの人生だね」

母親が私の人生をそう評しました。

チャレンジっていうか……チャレンジすらできないっていうか、何やっても報われない感が拭えない今日この頃ですが、どんなに生きてるのがしんどくてもそれだけで死ぬことは無いのがうつ病です。

死に瀕している人と比べてうつ病患者が幸せだなんて言うつもりはありません。もしもそんなことを言われたら、私なら「代われるもんなら代わってやりたいよ!」って怒鳴り返すことでしょう。

今回ばかりはなかなかしんどくて、私もいっぱしのうつ病患者らしく「死にたいなぁ」とか思っています。
でも、死ぬ前に、思いつく限りのチャレンジはしておきたいんですよね。
薬を増やすのも減らすのも、人体実験じみていたって何だって良い、思いつく限りの治療法を試して、やれるだけのことをやって。

生きるか死ぬかを考えるのは、万策尽きてからで良いや。

そんなワケで、いろいろしんどいですが強く生きますよ!!\(^o^)/わっふー

 

 

最後に。

ここまで読んでくださった方へ、感謝を込めてご報告させてください。

私のブログの何がそんなに…、と思ってしまうのはブログの書き手として間違ったマインドだと思うのですが、先ほどグーグル先生のアナリティクスを覗いてみたら、8月の当ブログのPVが50000をちょっと超える程度だったということが明らかになって、正直ぶったまげております。ほぼピッタリ7月のPVの3倍になりました。

どういうことなの…!!(´;ω;`)ぶわっ(感涙)

未だに自分のブログの方向性も軸もよくわからないまま、雑記どころかただの闘病日記を書き散らしているような状態なのですが、そんな「おどりば」に訪れてくださった全ての方に心からの感謝を。本当にありがとうございます!!

ブログが生き甲斐になっています。これからも、体調と相談しつつの運営になりますが、できるだけ前向きに!読んでくださった方に何かを提供できるように!
自分なりに尽力する所存です。

これからも温かく見守っていただけると、嬉しいです。