読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

背水の陣で頑張る、だって?!私にはとてもできない。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。

何かを始める時、自分を追い詰めるところから入る人っていますよね。
あるいは、兎にも角にも退路を断って取り組まないと成功しないという意見の人。

例えば、自由を求めて思い切って仕事をやめてみたり、ネット上で大々的に決意表明してみたり。
私はそんな姿を目にすると「勇者だなー」と思うわけですが、実際どうなんでしょう。

私はうつ病患者なので、自分を追い詰めたらそのまま首が絞まって死にます。
追い詰めれば頑張れる!というのは、うつ病患者には当てはまりません。

っていうか、うつ病患者は自分を追い詰めちゃ駄目ですからね?

うつ病っていうのはストレスに対する免疫が弱まる病気でもありますから、あえてストレスをかけたりしたら抵抗できずに苦しい思いをするだけです。
自殺行為だぜ。

今回は、背水の陣で頑張るなんてやめておこうよ、というお話。

 

 

 

頑張れないのは追い詰められてないから、だって?

もしも本気でそんな風に思ってる人がいたら、ちょっと考え直した方が良いかもしれないですよ。

頑張れないのは追い詰められてないからだ、ってのはつまり、追い詰めれば頑張れる!って思ってるってことですよね。
自分を追い詰めてどうなろうと勝手だけれども、他の人も自分と同じように「追い詰めれば頑張ってくれる」と思っているならとっても危険。
たとえば職場の上司がこんな考えの持ち主だったら、部下がいつうつ病になってもおかしくないでしょう。

追い詰められた時に頑張れる人間なんて、一部です。
追い詰められたら壊れる人間だってたくさんいるんです。
プレッシャーをかけることが破壊と隣り合わせの手段だっていうこと、わかってない人が結構いるんじゃないかなぁ。
私は社会に出たことがないからあんまり強いことは言えないのですけれども。

それに、どんなに追い詰めたってできないものはできませんよ。
20万の情報商材を買ってもアフィリエイターを目指せなかった私みたいに、ね。

 

何かを成し遂げるためには環境が大事だ、っていう話を耳にします。
環境が大事だっていうことには同意します。
けれど、何かを頑張りたいならば、自分を追い詰めるために環境を変えるんじゃなくて、自分が楽になるために環境を変えるべきでしょう。

「背水の陣で頑張ったからできたんだよ!」っていう成功譚は、昔懐かし根性論の親戚なんじゃないでしょうか。
誰もが真似できるものじゃありません。

 

 

お金が無くなると心まで貧しくなる不思議。

「追い詰める」にもいろいろありますが、一番苦しいのはお金の問題ですよね。
仕事を辞めた場合、まず最初にしなければならないのがお金の心配です。

最近、「お金が無い」と感じながら生きることの厳しさを感じる出来事がありました。

 

私は時々、その場の衝動であり得ないお金の使い方をします。
前述の高額アフィリエイト商材もその一つです。
深く深く反省して、余計な出費をしないように心がけていたのですが…、先日、衝動的にスマホゲームに約2万円課金してしまいました。
あああ、もう、なんでやっちゃうんだろうなああああ!!(悶絶)

私の収入は障害年金だけなので、月に65000円です。
そのうち15000円は国民年金の支払いに消えます。
さらに、月に30000円のローンを支払っています。何の役にも立たず、ただ無駄にしてしまっただけのアフィリエイト商材代金です。
で、スマホゲームに20000円突っ込んだら……1ヶ月の収入が全部消えましたとさ。
ちゃんちゃん。

本来この20000円は、ここから通院の際にかかる費用とスマホ&WiMAX2+の代金を引いた分だけが私の娯楽費になる、という大事なお金でした。
でも、今月はそれがもう無い。
お金が無い。

私の頭の中はお金のことでいっぱいになりました。
するとどうでしょう。

 

儲からないブログよりクラウドソーシングでライティングやった方がやり甲斐があるじゃん。

 

 

とか思ったり、
他の人のブログを見て

 

あんな内容のブログでアクセス集めてるなんてムカつくんですけど!

 

 

と思ってみたり。
挙げ句の果てには、

 

どうせ才能無いんだからブログなんかやめようぜ。

 

 

とまで考えました。

私は、うつ病患者はリハビリとして稼ぐことは考えずにブログをやるべきだ!という記事を書いた人間です。
しかも、つい最近。

www.sayulog.com

それなのに、この荒みきった思考回路はどうしたことでしょう?! 

そんな状態で書いた記事は、もう大惨事。すぐ話が逸れるし、言いたいことはたくさんありすぎるし、話をまとめることもできてないし。
必死で書いたんですが、記事をアップしてから思いました。
「今の自分はすごく余裕がないぞ、このままじゃヤバいぞ」って。

今は、クラウドソーシングでライティングのお仕事を貰えたので、冷静さを取り戻しつつあります。ブログは儲からないけど続けます。大丈夫です。はい。
……ああ、いつか自力でしっかり稼げるようになりたい。

 

そんなワケで、金銭面で追い詰められると心まで貧しくなるという事実をささやかながら体験してきました。
実際、しんどい。しんどかった。
うつ病患者なら症状悪化待った無しですよ。

もちろん、「好きで追い詰められたんじゃないやい!」って人の方が世の中には多いと思います。
でも、もし、何か行動を起こすために自分を追い詰めようとしている人がいるなら、私の体験を踏まえてどうしても言っておきたい。

追い詰められた状態で起こした行動なんて、ロクなもんにならないよ、って。

そういえば、「窮鼠猫を噛む」って言うけど、ネコを噛んだ後のネズミってどうなるだろうね。
普通に考えたら怒ったネコに捕まえられて終了だよね。

f:id:SayuLog:20160719162355j:plain

 

 

勝ち筋はありますか?

背水の陣って、自分を追い詰めて退路を断って死に物狂いで頑張るっていう意味じゃないんですってね、本来は。
勝算があるからこそ退路の無いところで戦った、って話が由来なんですってね。

あえて自分を追い詰めるなら、勝ち筋が見えてからにするべきです。
明確な勝ち筋が見えてから退路を断つのならば、心から余裕が消えることは無いでしょう。むしろ人生楽しくなりそう。
だから私は、先の見通しがそれなりに立っているのならばサラリーマンを辞めてアフィリエイターになろうが、新卒でフリーランスになろうが、構わないと思っています。

それと、現状が耐えきれないほどツライならば、勝ち筋云々言わないで逃げ出してください。
追い詰められたら心が壊れる前に逃げ出してください。
心が壊れたら予後は悲惨なものです。
実際悲惨な私が言うんだからそれなりに説得力はありますよね?

 

でも、何の見通しも無いまま、勝ち筋の見えないまま漠然とした目標を追いかけて背水の陣と称し、レールから外れるのはどうかやめてほしい。

視野の広さも、思いやりも、思慮深さも、追い詰められた状態では発揮されません。

自分のことしか見えなくなったらいつか損をすることになると思う。 

おそらく、その損益は「信頼を失う」という形で降りかかってくることになるでしょう。
お金が無い時は本当にお金のことしか考えられなくなるけれど、世の中で価値のあるものはお金だけじゃないんですよね。

 

背水の陣で頑張る、だって?!
私にはとてもできない。