読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

超絶遅筆なブロガーは誰だ。私だ。

その他

【スポンサーリンク】

こんにちわ、サユです。

単純に疑問なのですが、ブロガーさんって、ブログを1記事書くのにどれくらいの時間がかかるものなんでしょうか。

時折、記事執筆の際にかかった所要時間が文末に記されている記事を見かけますが、最後まで一気に読めてしまう文章が30分未満で書かれていたりするので、畏敬の念を覚えずにはいられません。

私はブログを書くのに時間がかかります。すごく時間がかかります。
自分を「超絶遅筆」であると分析しています。

ブログを初めて半年以上経ちました。
これまでに100記事以上を投稿してきたのですが、執筆速度はむしろ遅くなっているんじゃなかろうか、というのが最近の実感です。
ダメじゃね?( ;∀;)

今回は、個人的な記録の意味合いが強い記事になりますが、私のブログ記事制作過程を語ってみたいと思います。
軽い感じでどうぞ。

 

 

おどりばの記事ができるまで。

とにかく、時間がかかるんです。

STEP1

ネタが出現するのをひたすら待ちます(真顔)

私は周りにお裾分けできるような知識をほとんど持ち合わせていないので、自分の感情の動きやぼんやり浮かんだイメージを逃さずキャッチして文字に起こすことで記事を生産しています。それしかできないです。
……だから自分の話をするばかりの記事になってしまうんですけれども!!

外部からの刺激があると書きたいことを思い付くきっかけになりやすいです。呼び水みたいなものですね。
Twitterでいろんな人の意見に触れることも、私にとっては「刺激」です。
Twitterを見ている時にいろいろ思い付いて、それをメモする代わりにツイートして、あとで自分のツイートを見直してブログ記事に再利用(?)するというのがなかなか便利です。

 

STEP2

ネタが決まったらiPhoneで文章を書きます。
たいてい布団の中で書いてます。
あるいは風呂に入りながら書いてます。でもiPhoneの防水対策はしてません(危険)

決めたネタについて考えながら、思いつくままにスマホ画面に指を滑らせます。
書いている途中にまた別のことを思いついたり、後でこれも記事に入れよう!とか思いついたりするので、それは数行間隔を空けて下の方にメモしておきます。
一つのことを考え続けるのって難しいよね。

使用ツールはメールです。
スマホ用のメモ帳とかテキストエディタとか、Evernoteを使ってみるとか、いろいろと試してみたんですが、「余計な機能はいらない&書き終わったらすぐ送信できるのが便利」で、結局メールを使っています。

そういえば先日音声入力を試してみたのですが、「思ったことを話す」ということが致命的に苦手な私には使いこなせない文明の利器でした(苦笑)

 

STEP3

まだ書きたいことが書ききれてないのに文章が出てこなくなった時は、最初から読み返します。
最初から通して読み返すと、その勢いで次の文章が出てくることが多々あります。
勢いって大事。

読み返し作業は頭の中で音読です。
読んでいて引っかかる部分は気付いた時に直していきます。
リズムが悪い!という理由で別の言い回しを探したり、言葉を削ったり、あえて余計な文字を増やしたりしています。ささやかなこだわりです。

私がスマホで1記事(1500文字くらい?)を書くのにかかる時間は大体2~3時間くらいです。
でも、恐らく、そのうちの4割くらいは読み返しと修正に費やしています。
低効率型ブロガーです。

 

STEP4

言いたいことを全て言い終わって話が着地したら、自分のgmailアドレスに送信。
ファイル共有とは違って、一度送信してしまったらもうスマホからは弄れないところが気に入っています。
……弄れる状態にしておくと、永遠に手直しを続ける可能性があるので。

 

STEP5

元気が出た時にパソコンでgmailを開き、ブログの投稿画面に内容をコピペ!

そのまま投稿すると突然言いたいことだけ言っていきなり終わってしまう記事になるので、導入部分を書いて、適当なところで文章を分割して見出しを付けます。
見出しをつけるのにわりと時間がかかります。

あとは、分割した部分が不自然にならないように書き足したりもします。
この辺りの作業で500文字くらい増えます。

 

STEP6

また読み返します。
改めて読み返して、リズムが悪いところを直したり、言葉が足りないとか多過ぎるとかが無いかを確認します。
スマホ画面で見た時と、ブログのプレビューで文章の全体を見た時とでは、また違った発見があるんですよね。
狭い範囲に意図せず同じ単語がいくつもあったりすると修正対象です。

一つ直すたびに読み返すので、パソコン作業を始めてから投稿までに10回以上読み返していると思います。
我ながらちょっと神経質です。
だから遅筆なんです。

……どうしてこんな執筆スタイルになっちまったんだ(遠い目)

 

STEP7

タイトルを付けます。
時々付け忘れて投稿して焦ります。
記事はタイトルが肝心だとよく言われますが、センスが無いのでとても悩みます。
悩んだ結果、無難なタイトルになります。
キャッチコピーとかもっと勉強するべきなのかしらんとも思いつつ。

パソコンで書く作業には大体1時間くらいかかります。
スマホで書いている時の時間も合わせたらここまでで3〜4時間ってことだね!!

 

STEP8

元気が残っていれば絵を描きます。
残っていない時は適当なフリー写真素材を探します。

絵はこだわり始めると終わりがなくなるので、「30分以内に描きあげる」自分ルールを設定しています。
たまに絵を描くのが楽しくなっちゃうと30分をオーバーします。

 

STEP9

絵を記事に挿入して、カテゴリやらアドレスやらを設定して投稿!!
やったね!!

 

 

こだわった結果の遅筆なのだけれども。

f:id:SayuLog:20161025153047j:plain

2000文字を書く作業に3〜4時間かかります。
投稿ペースは2日に1回が目標で、時々増えたり減ったりします。

これって完全に「無職療養中だからこそ続けられる」数値ですよね。

自分がこんな感じなので、会社員ブロガーさんに対しては尊敬しかないワケです。仕事の片手間にブログもしっかり更新できるとか、それだけでハイスペックだろ!みたいな。

ブログでは喜んだり怒ったりしている私ですが、基本はうつ病患者です。
もともとそんなに賢くないのに、うつ病の影響でさらに残念なスペックになっています。

なので、文章を速く書くことは諦めました。
どうせ時間がかかってしまうのなら、いっそ思いっきり時間をかけて全力で丁寧に仕上げてやる!と開き直りました。

かくして「超絶遅筆」です。
クラウドソーシングでライティング作業をやる時には読み直しの回数を削減する努力をしていますが、ブログに関しては生産効率度外視でいく所存です(笑)

……だとしても、もうちょっと短時間で思ったことを書き上げられるようになれたら嬉しいんだけどなぁ、と思う今日この頃なのでした。

スマホ2時間→パソコン2時間半、約2800文字)