読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

おどりば

うつ病患者は自己啓発書を読まないほうが良いと思う理由について。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。

先日、私はTwitter上で「自己啓発書うつ病患者にとって劇薬だ」という内容の発言をしました。
これに対して、何故そう思うのか?というご質問のメールをいただきました。

例によって「あくまで私の意見」なのですが、自己啓発書について思うところを書いてみたいと思います。

うつ病患者にとって自己啓発書は劇薬である」と思う、その理由について。

 

 

自己啓発書は健康な普通の人のために書かれている。

私が、うつ病になったばかりの頃のことです。
うつ病でダメになってしまった分を取り戻さねば!という漠然とした焦りを抱いていた私は、「できる人になる方法」「夢を叶える方法」といった類の自己啓発書を読みまくっていました。
「できる人」の思考回路を学んで、うつ病であることなんか気にならないくらいに優秀になってやろうと思ったんです。

しかし、自己啓発書が私にもたらしたのは、「できる人」の思考回路ではなく、さらなる焦りと落胆でした。

どうしてそうなるのか、順番を追って説明しましょう。

まず、大前提として、自己啓発書は読者に行動を促すものです。「この本の通りに行動すればスーパーマンになれる」と語るものです。
当然、私は自己啓発書の通りに行動しようとしました。考え方を変えようとしました。

でも、私はうつ病患者です。
うつ病は「頑張れない」病気です。
自己啓発書のアドバイスに従おうとしても、できないんです。
PDCAサイクルを回せとか時間をきっちり管理しろとか言われたって無理なんですよ(経験談)

そもそもですよ。
自己啓発書は「健康な普通の人に向けて、努力を求める」ものなんです
しかし、健康な普通の人なら普通にできることが、うつ病患者にとっては普通ではありません。
健康な普通の人が努力しなければできないことは、うつ病患者にとってはものすごく頑張らないとできないことなんです。

自己啓発書の通りに行動できない、頑張れない自分を、私は責めました。
「こんなこともできない自分は、やっぱりダメな人間だ」と。

「ダメな人間」なんじゃなくて、病気だからできないだけなんだっつーの!

たったそれだけのことが納得できなかった私は、自己啓発書を読んでは挫折し、読んでは挫折し、その度に「自分はダメな人間だ」と唱え続けていました。
……それで体調が良くなるハズ、ないですよね。

⬇︎イメージとしてはこんな感じ。

f:id:SayuLog:20161009160631j:plain

 

 

まずは頑張れるところまで体調を回復させるべし

ただでさえ頑張れないうつ病患者に、健康な普通の人以上の頑張りを求めるのが自己啓発書です。
要するに無茶なんです。

うつ病患者は健康な普通の人よりも能力的に低いレベルにいます。
もちろん、全部病気のせいです。うつ病患者の能力が低いんじゃなくて、うつ病だから能力が発揮できない状態にあるだけです。
病気を背負っている分の重さで下に沈んでいる、動くだけでも健康な人より重い分苦労する、というイメージを私は持っています。

自己啓発書をあえて読むような真面目なうつ病患者は、「頑張れ!」と言われたら頑張ろうとします。でも思うように頑張れなくて、がっかりして、「ダメな人間だ」と自分を責めてしまうまでが、1セット。

そんなことを散々繰り返して、私がやっとたどり着いたのが「うつ病患者にとって自己啓発書は劇薬である」という結論でした。劇薬というか、危険物というか。
以来、心の平穏を守るために、自己啓発書の類には触れないようにしています。
自己嫌悪を招く劇薬に、うつ病にとってプラスの作用があるとは思えません。

もちろん、自己啓発書の種類にもよります。
「楽に生きる方法」とか、「人に傷つけられない方法」とか、種類によってはうつ病患者の思考の偏りを修正するために役に立つ本もあると思います。
……私は本を読んで「これは納得できない」と思うと、「納得できない自分はダメな奴だ」という方向に思考が流れるクセがあったので、考え方のアドバイスをくれる本にもあまり近づかないようにしていたのですけれども。どうしようもねーな

あなたがうつ病を患っているのならば、「こうすればあなたもスーパーマンになれる!」といった類の自己啓発書は読まないほうが良い。
私はそう思っています。

スーパーマンを目指す前に、「健康な普通の人」までレベルを戻しましょう。
まずは頑張れる状態まで体調を回復させましょうよ。話はそれからだ!!
なかなか回復しないけど、負けないもんね!!←

 

そんな感じです!

スマートフォンからの閲覧だとメールアドレスが表示されない状態にあるので、ここにも連絡先を載せておきます。

サユへのメール:sa.yu.99.newあっとまーくgmail.com

いただいたメールは全て目を通した上で大事に保管しております。
なかなか全てに返信する体力が無いのですが、ちゃんと全部読んでます!ありがとうございます!!

これからも応援していただけるようなブログを目指して、楽しくやっていきたいと思います。