おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

障害年金を貰っているうつ病患者の症状って、こんな感じです。

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。
障害者手帳2級、障害年金受給中のうつ病患者です。

うつ病患者が障害年金の受給を考える時、「どのくらいの症状ならば受給できるんだろう?」というのは当然の疑問ですよね。
私も自分の病状の重さで年金が貰えるのかどうか、随分と気になったものです。

今回は、年金を貰っているうつ病患者の一例として、現状把握と記録も兼ねて、自分の体調について書いてみたいと思います。

 

 

食事

母親が用意してくれるお陰で食べられています。
料理することに興味が持てないので、自分で料理することはまずありません。

体調が悪い時に母親が不在だと、高確率で食事をサボります。空腹より食事を用意するしんどさが勝ります。

 

 

家事

洗濯物を取り込むとか、風呂を沸かすとか、そのくらいの簡単なことならできます。最近、体調が良ければ自分が使った食器を自分で洗うことができるようになりました。

掃除はできません。掃除をしようとすると吐き気に襲われます。1日の大半を過ごしている自分の部屋でさえ、一ヶ月に一回掃除機をかければ良い方です。

枕元にコロコロを置いておいて、ホコリや髪の毛が目についたら回収するようにしていますが、棚の上に蓄積しているホコリは普段見ないふりをしています。

 

積もっているホコリが気になってイライラして体調を崩すことがあるのですが、それがわかっていてもなかなか掃除ができません。

母親が私の部屋の惨状を見かねて掃除機をかけてくれることもあります。

 

 

生活

調子が良いとパソコンに向かっています。
身体を起こしている時間が長い日は体調が良い日です。

基本的に体が重くてしんどいので、布団で横になっています。
体調が悪い日は食事の時以外布団の中にいます。スマホで文章書いたりゲームしたりしてます。

テレビを見る時も、座って見ていると疲れてしまうのですぐに横になってしまいます。テレビを見るために起き上がることがしんどくて、最近はラジオを聴くことが増えました。

ブログの記事は基本的に布団の中でスマホを使って書いています。

 

 

金銭感覚

一応自分で管理できるつもりでいますが、時々衝動的に無駄な高額出費をやらかします。また、高額出費をやらかした後に「お金が無い」という強迫観念に囚われて体調を崩す傾向にあります。

その一方で、無駄な出費に対して神経質です。
「こんな出費必要なかったのに!」と思うと物凄くイライラします。

貯金が減るとたちまち不安になります。無理なのに「稼がなきゃ!」と焦ります。
焦った結果、高額な情報商材に引っかかっちゃったりして(自爆)

……自分で管理できているとは言えませんね、これ。
本当は、助言や指導が必要なのだと思います。

 

 

通院

通院の際は、自宅から最寄り駅まで親に車で連れて行ってもらうことが必須です。電車に乗ってしまえば後は大丈夫なのですが、よっぽど体調が良くないと自力で駅にたどり着けません。

体調が悪い時は、そもそも外出できません。

両親とも仕事で不在、かつ私の体調が悪い時は、遠慮なく病院に電話して予約を翌日に動かしてもらいます。10年以上の付き合いになる主治医が「体調が悪くて行けない」というこちらの訴えに快く対応してくれることがわかっているので、有難いです。

私はいざとなるとどもってしまって、上手に自分の症状を説明することができないので、医師に言いたいことがたくさんある場合は母親に同伴を頼むこともあります。

 

 

服薬

朝3種類、夜4種類の薬を飲んでいます。
時々猛烈な不安に襲われるので、その時は頓服薬を飲みます。
最近やっと薬の飲み忘れがなくなりました。

睡眠薬は飲まなくても平気になりました。
どうしても眠れない時だけ使っています。

 

 

症状

メインは身体症状で、体の重さとだるさがひどいです。
あとは食欲不振やら頭痛やら肩こりやら。

常時「やりたいことはあるけど、体がしんどくてできない」状態です。

うつ病患者によくある気分の落ち込みは数日に一回くらいの頻度でやってきますが、何日も続けて落ち込みっぱなしということはあまりありません。
「死にたい…」と思ってみたり、理由も無く泣いてみたりもしますが、わりとすぐにどうでもいいようなことがきっかけで立ち直ります。

体調が良ければ外出もしますし、遊びにも行きます。とてもうつ病患者とは思えないくらい元気に活動できることもあります。
でも、1日出かけてはしゃいだら、翌日はたいてい、疲労で心身ともに撃沈します。

元気は長持ちしませんし、必ず反動が来ます。

私がブログを更新できているのは、寝たきりでも書くことができるからです。しんどくても、スマホがあって指が動けば文章が書けるからです。

障害年金を貰えるほどの重症のうつ病患者がどうしてブログなんかできるんだ!」と思われる方がいるようですが、私にとってブログを書くという行為は意外とハードルが低いのだということをご理解いただければ幸いです。

 

 

就労困難

f:id:SayuLog:20160811165747j:plain

私は今、クラウドソーシングでのライター業に挑戦しています。高額の情報商材にお金を使ってしまい、「稼がなきゃ!」という焦りに突き動かされた結果です。

クラウドソーシングでバリバリ頑張ると、健康な人なら初心者でも一ヶ月に10万円くらいは稼げるらしい、ですね。

私も全力で頑張りました。その結果、先月は6000円くらいの収入を得ることができました。

……桁が違うということ、おわかりいただけるでしょうか。

全力で頑張っても、私が先月に書いたのはたった10記事です。文字数は1000~1500文字程度。記事に使う画像の用意まで自分でやったとはいえ、少な過ぎますよね。

でも、これが私の全力なんです。

しんどい時は頭が動かないから文章なんか書けないし、なんとか文章を書き始めても集中力が続くのはせいぜい30分程度。ちっとも作業が進まないワケです。

クラウドソーシングでこれだけ稼げた!」というブログ記事を最近よく見かけるのですが、自分の作業量を省みて、……結構元気になったつもりでいたけれど、やはり自分は健康な人と同じ次元では戦えないんだということを、痛感しているところです。まだまだ先は長いね!

私が障害年金を申請する際に主治医に書いてもらった診断書には「自立困難」「就労困難」とありました。まったくもってその通りです。  

 

障害年金を貰ってる私の体調ってこんな感じだよ!何かの参考になるかな!(開き直り)

障害年金を受け取るための手続きは面倒です。障害年金を受け取ろうと考えるレベルのうつ病患者が、独力でなんとかできるようなものではないと思います。私にはとても無理で、全て母親に任せてしまいました。

本当に、もう30歳なのに、母親がいなかったら私は生きていけません…(苦笑)

夢は障害者手帳を返上することです。
いつか必ずうつ病寛解させてやるつもりでいますから!

でも、それまでは、年金に助けてもらいながら、ささやかに生きていきます。