おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

自殺はどうしてダメなのか?私の考えを聞いてください。

【スポンサーリンク】


f:id:SayuLog:20170915200707j:plain

こんにちわ、サユです。

広いインターネットで、私のブログに辿り着いて下さる方の多くは「死にたい気持ちを責めないで」の記事を入り口にしてくださっているようです。

あの記事で、私は「生きてほしい」と訴えました。
「私は生きます」とも言いました。
でも、それでも私自身、死にたくなることが今でもあります。毎日が戦いです。

先日、とある読者さんから質問を投げかけられました。
自殺はどうしてダメなのですか?」と。

今回は、自殺について、私の考えを述べたいと思います。
良かったら、聞いていってください。

【追記】
この記事は、実際に自分の選択肢として自殺を考えている人に向けて、何か伝えられないだろうかと思って書いたものです。
思想的・哲学的に「自殺は是か否か」という命題に取り組む人に対する回答にはなっていないと思います。その点、ご了承ください。

 

自殺はどうしてダメなのか?

正直に言います。
私は、自殺を悪いことだとは思っていません。
こんなことを言ったら叱られてしまうのかもしれませんが、自殺自体が悪いことだとか、ダメだとか、そういう風にはどうしても思えません。

だって、自分の命でしょう?
本人が決断してしまったのならば、周りの人がどうこう指示できるものでもないと思うんです。
もちろん、できることなら生きてほしいけれど、そんなことを言う権利が他人の私にあるのだろうか、と考えてしまいます。

それに、自殺した人は、生きているのがつらくて、自分が存在するのがどうしようもなくつらくて、あるいは「死んだ方が楽だ」と思えてしまう程に追い詰められて、最後の手段として「自殺」を選んだハズです。

すごくすごく苦しんで、耐えようとしたけれど耐え切れなくて、「自殺」以外の選択肢が見えなくなって……命を絶つほど追い詰められて。
そんなに苦しんだ人をさらに「自殺は悪だ」と責めるなんて、あまりにも酷い仕打ちじゃないですか。
もう十分苦しんだんだから、これ以上追い討ちをかけなくて良いじゃないか、って思います。

 

私には、自殺した知り合いがいません。
万が一、実際に私の知り合いが自殺してしまった時、今持っている考えが変わる可能性はあります。

でも、現時点では、もしも私の知っている誰かが自殺したらその時は、「苦しかったんだね、助けられなくてゴメンね、お疲れ様、ゆっくり休んでね」って……死者に言葉は届きませんが、そう伝えたいなぁ、って思います。

自殺には必ず本人の意思が伴います。
私はその意思を尊重したい。
死を選ぶしかないほどにその人を追い詰めた苦しみに思いを馳せ、最期の決断を尊重したい。
それがあなたの選択だったんですね、って、受け止めたい。

身近な人が自殺したら、もちろんとても悲しいし、苦しいし、一生後悔し続けるだろうと思うけれど、自殺を責めたり咎めたりする言葉は吐きたくないです。

 

あなたはどう答えますか? 

「自殺はどうしてダメなのか?」という問いに対する回答として、一般的なのは「遺された人が悲しむ」とか「生きていれば良いことがある」といったものであるかと思います。

しかし、私にこの問いを投げかけてきた人は、
「自分が死んでも誰も悲しまないだろうし、もしも自分の死によって家族が悲しんだり苦しんだりするなら満足だ」
「これ以上生きていたら自分は壊れてしまう。この先のことなんて知らない、今が苦しくてたまらない」 
と、言いました。

そして、「それでも自殺はダメですか?」と。

あなたなら、どう答えますか?

 

自殺に至らしめるものが悪なのである。

自殺は悪ではない。自殺に至らしめるものが悪なのである
……それが、私の「自殺はどうしてダメなのか?」に対する精一杯の回答になります。

もしもあなたが死にたいと思っているならば、その原因は何ですか?
仕事ですか?家族ですか?学校ですか?病ですか?それとも?

人間は生き物です。
生まれてきたからには、本能的に生きようとする存在です。
その本能を捻じ曲げて、死へ向かわせようとするものが、正しいハズがありません。

人間を「死にたい」と思わせるものがあるとしたら、それは「害悪」です。
あなたの人生からできる限り排除されるべきものです。

自殺とは、「生きたい」気持ちを捻じ曲げる害悪に人生を乗っ取られることである、と私は思っています。

過労、いじめ、家庭内暴力うつ病……自殺すれば、確かにそれらから手っ取り早く逃れることはできるでしょう。

でも、本当に自殺しか方法が無いのでしょうか?

あなたが人生から下りるのではなく、あなたを「死にたい」と思わせる害悪をあなたの人生から追い出す方法は、本当に何も残っていないのでしょうか?
害悪を避けながら、退けながら生きていくことは、本当に不可能なのでしょうか?

 

自殺は復讐にはなりません。

自殺しようと思っている、という人がいるなら、伝えたいことは一つだけです。

あなたを死にたいと思わせている原因は、絶対に正しくない

人間は生きるために生まれてきます。
生きるために生まれてきた人間を、死に追いやるものがあったとしたらそれは絶対に悪だし、犯罪行為であると言っても過言ではないでしょう。

どこかで「自殺もまた人殺しであり、自殺した本人の罪として扱うべきだ」というような記述を見たことがありますが、私は自殺の加害者が自殺した本人だとは思いません。
自殺した本人は被害者でしょう。その人に自殺したいと思わせた物・事・人こそが加害者です。

しかし、自殺の加害者は、誰かを自殺に追いやっても処罰されることはまずありません。直接手を下していないからです。

もしも、自殺によって誰かを困らせてやろう、思い知らせてやろう、とあなたが思ったのならば、それはやめておいた方が良いです。
あなたが死んでも、あなたが望むような結果は絶対に得られません。

だって、考えてみてくださいよ。
あなたを苦しめている存在が、あなたの死によって改心してくれるような相手だと思いますか?
そんな良心を持った相手だと思いますか?

あなたの死後、あなたの存在は「触れたくない話」として、話題になることもなく忘れられるでしょう。
それが現実です。
あなたを大切に思っている人だけが苦しんで、あなたを苦しめた人たちは何事も無かったかのような顔で楽しく生きていくことでしょう。

自殺は復讐にはなりません。
「死ねば解ってくれる」なんてこともありません。
死んだって、解ってくれない人は解ってくれません。
そのことはどうか覚えておいてください。

 

私に言えることは。

それでも、どうしても自殺をするのだ、と言う人がいたならば、私はもう止める言葉を持ちません。

あなたの人生を決めるのはあなたです。
人生の終わりを自分で決める権利も、あなた自身にあると思います。
周りの他人が口出しして変えられるものではないでしょう。

ただ、私は全ての人間にできるだけ長く生きてほしいし、間違った物・事・人が原因で誰かが命を絶つことを、惜しいと思います。悔しいと思います。

私には、自殺したいと思っている人を助けることはできません。
助けようとしても結局何もできなくて、相手を苦しめて、私まで死にたくなってしまう……という経験をこれまで何度も繰り返してきたので、「無理だと解っているならば最初から助けようとしないことが責任ある態度だ」という結論に至っています。

でも、自殺を考えるほど苦しい状態に陥っている人を、助けたいと思っている人は世の中にたくさんいます。
あなたが思っている以上にたくさんいます。

たとえば有名なところならば、こころの健康相談ダイヤルに連絡すれば、住んでいる地域の担当者に連絡が取れるようになっています。
担当者は、私とは違ってプロです。
できる限りのアドバイスをしてくれるでしょう。

もしも自分の周りに誰も頼れる人がいないのなら、「自分の周り」よりも外側に助けを求めることで道が拓ける可能性があります。

世界は広いんです。
今のあなたの目に見えていないだけで、選択肢はたくさんあります、絶対に。

 

私は、自殺を悪いことだとは言えません。
でも、あなたを「死にたい」と思わせているものは、間違いなく悪です。
「悪」に負けてほしくない。
戦わなくても良いから逃げてほしい。
そして、願わくば、生きてほしい。

以上が、私の「自殺」についての考えです。
最後まで読んでくれて、どうもありがとうございました。

 

www.sayulog.com