おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

うつ病の治療法まとめ。薬を飲む以外にもできることはある!

【スポンサーリンク】


f:id:SayuLog:20160504212738j:plain

こんにちわ、サユです。

私は、15年以上うつ病と闘病している現役うつ病患者です。
薬だけに頼った治療を長い間続けてきましたが、いつまで経っても寛解せず、「薬だけじゃうつ病は治らない」という結論に至りました。

うつ病になったら病院に行って薬を飲む」というイメージが強いかと思いますが、薬を飲む以外にもうつ病に効果があると言われている治療法は数多くあります。

投薬治療に限界を感じた私がこれまでに実践した、あるいは現在実践しているうつ病の治療法について、まとめてみました。

 

 

投薬治療

メリット:手軽
デメリット:長期戦になる・薬の副作用がある・薬だけで寛解するのは難しい

「投薬治療に限界を感じた」とは言いましたが、それでも一番基本的なうつ病の治療法が投薬であることに変わりはありません。

うつ病の薬にはかなりいろいろな種類があります。それらの中から、患者の不調を解消できる薬の組み合わせを探っていくのが、投薬治療の基本方針になります。

私も、一ヶ月に2回通院して、薬を処方して貰っています。
うつ病歴が長いので、うつ病の治療のために使える薬はほとんど全部試したことがあると言っても過言ではなく、処方される薬もほぼ固定されている状態なのですが、私に合いそうな新薬が出た時には処方してもらうようにしています。

薬だけでうつ病を克服することは難しい、というのが私の考えです。
ですが、薬無しでうつ病を克服するというのも、かなり大変なことだと思います。少なくとも今の私はまだ、薬の必要性を感じています。

薬だけに頼らない、という考えが大事なのではないでしょうか。

投薬治療についてはこちらの記事もどうぞ!
うつ病の治療を始める前に、知っておいてほしい話。

 

 

カウンセリング

メリット:精神的に楽になる・新たな発見がある
デメリット:苦手な人もいる

カウンセリングは、カウンセラーさんとの相性によってかなり効果が異なってくると思います。

私の場合、初めてお世話になったカウンセラーさんとは極めて相性が悪く、カウンセリングに行くこと自体がストレスになって体調を崩すという具合でしたから、数回でやめてしまいました。

また、カウンセラーに自分の胸の内を話すことに苦痛を覚える人には、カウンセリングは不向きです。
周りの誰にも言えないことを他人であるカウンセラーになら打ち明けられる、という人にとっては、うつ病の改善にカウンセリングは有効だと思います。

ちなみに、二人目にお世話になったカウンセラーさんとはとても相性が良く、カウンセリングというよりは、普段親には言えないようなことをぶっちゃけてスッキリする場として活用させていただきました。

「このカウンセラーは合わないな、ダメだな」と思ったら、どんどん他のカウンセラーを探す。そのくらいの心構えで良いと思います。
これは医者についても同じことが言えます。「この人はダメだ」と思ったら、もっと良い人を探しましょう。
こっちは人生がかかっているんですから、遠慮は要りません。

 

ETC(電気けいれん療法)

メリット:効く人には効く
デメリット:全身麻酔+筋弛緩剤・入院が必要・副作用の可能性

私がこの治療を受けたのは約10年前で、mETC(修正電気けいれん療法)という名称が正確であるようです。

簡単に言うと、頭に電気ショックを与える!という治療法です。
全身麻酔と筋弛緩剤を使用し、手術室で頭に電気を流します。入院して、数回繰り返す必要があります。

私は副作用として、記憶が少し飛びました。普段の生活に支障が出るようなことは無かったのですが、施術後、なんでこんなこと忘れてたんだ?!と思うことが何度かありました。

頭に電気ショック!と言ってしまうと、なんともショッキングなイメージを与えるかと思いますが、特別危険な治療法だというわけではありません。
ただ、あまり簡単に採用される治療法ではないということも併記しておきます。いきなり「じゃあETCやりましょうか!」と言われることはまず無いでしょう。

全然治らない、もう他に手段が無い!という重症のうつ病患者さんに対して実施されることが多いようです。
入院が必要になるので、費用には保険が適用されます。

 

 

TMS(磁気刺激治療)

メリット:効く人には効く
デメリット:高額

厳密には rTMS (反復経頭蓋磁気刺激法)と言います。

磁気を用いて脳の特定の部分に刺激を与え、脳の血流を増加させることによって、低下した脳の機能を回復させていく、という治療法です。

副作用が一切無く、とにかく安全なのが特長です。カチカチカチという音と、磁気で刺激する際の軽く叩かれるような痛みにさえ慣れてしまえば、40分程度の間椅子に座っているだけで治療が終わります。私はいつも爆睡していました。

30回程度通う必要があります。

個人的に、今回挙げる治療法の中で一番効果があったと実感しているのがTMSです。一度は寛解という診断を貰うところまで改善しました。
残念ながら、寛解状態を保つことはできなかったのですが……。

健康保険適用外なので、非常に高額なのが最大のデメリットです。
病院にもよると思いますが、私の場合は100万円以上かかりました。

病状が悪化してどうしようもなくなってしまったら、またTMSに頼ることもありえるかもしれませんが、今はちょっと考えられません。

 

 

マインドフルネス

メリット:ほとんどお金がかからない
デメリット:自分の意志で続けなくてはならない

認知療法の1つです。呼吸法と自己洞察を行います。
いわゆる瞑想です。
うつ病・非定型うつ病新型うつ病)・パニック障害PTSDは、マインドフルネスで完治の可能性がある、とのことです。

私が数年前にマインドフルネスについて知った時、独学で身につけるのは難しいとのことだったので、指導を受けに行きましたが、残念ながら続けることができませんでした。
瞑想している間にイライラしてしまったり、息苦しくなってしまったりして、瞑想状態を長く保てなかったんです。

ただ、最近「3分間の瞑想でも効果がある」という話を聞いたため、3分間ならできる!と思って、再挑戦しています。慣れてきたら少しずつ時間を延ばしていきたいものです。

マインドフルネスを続けた結果、ストレスで萎縮した脳の海馬が回復したという研究報告もあるため、個人的に非常に期待している治療法です。

 

 

栄養療法

メリット:根本的な解決になりうる
デメリット:サプリメントが高額

うつ病の症状の原因は必要な栄養素の不足であるから、それを補うことによって症状を改善していこう、という治療法です。

最近はテレビで取り上げられる機会も増え、かなり知られるようになってきました。

栄養療法を行っている医療機関で詳細な血液検査を行い、不足している栄養は何なのかを調べて、その結果に応じて栄養指導を受けたり、サプリメントの処方を受けたりします。

現在、実際に栄養療法に取り組んでいます。
治療を始めてから約半年が経過しましたが、自覚できるほどの効果は出ていないというのが正直なところです。
とりあえず一年間は続けるつもりでいます。

デメリットは、処方されるサプリメントが高額であること。私が飲んでいる一ヶ月分のサプリが大体3万円です。保険がきかないので、ツライです。

栄養療法は、栄養をしっかり補えば解決するという考え方なので、食事を整えることも有効です。
食事が乱れている場合は、見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

認知行動療法

メリット:ほとんどお金がかからない
デメリット:自分の意志で続けなくてはならない

認知行動療法は有名ですが、私は実際に取り組んだことがありません。
一度取り組もうとしたことがあるのですが、自力で続けることができなくてすぐに諦めてしまいました。
私のような性格の人間の場合、医師やカウンセラーと一緒に取り組むことができればよかったのかもしれません。

認知行動療法をベースにしたコミュニティも存在します。
U2plus | うつ病症状の予防と回復、再発防止をサポート

 

 

ストレートネックを治す

テレビ番組で紹介されていました。ストレートネックが原因でうつ病になる人がいるそうです。首のコリを解消することによってうつ病が治る、と。
……かつてうつ病治療のためにネットで購入した首用の枕は、私には効果がありませんでしたが(苦笑)

ただ、先日整形外科に行ってレントゲンを撮ったところ、私の首が見事に凝り固まってストレートネックになっていることがわかりました。
うつ病の改善に直接つながるかどうかはさておいて、肩こりが良くなって困ることはありませんよね。ついでにうつ病が良くなったらラッキー!程度の期待感で、整形外科に通ってリハビリを受けています。

 

 

運動

これはこれまでに私が見てきた範囲での話なのですが、運動が趣味だという人は、うつ病から早く確実に回復する傾向にあります。
私は運動が嫌いなので、体調が悪い時に運動はできないですし、運動なんかしても気晴らしにならないので、実際運動がどれほど効果のある治療法なのか試すことができないのですが…。

無理強いはよくないと思いますが、苦痛でないのならば運動は積極的に生活に取り入れるべきでしょう。

 

 

まずは十分な休養を。

うつ病治療の基本は十分な休養です。
精神的にストレスがかかった状態では、うつ病の回復は見込めません。
まずは休養して、ストレスの無い環境を用意し、その上で治療に取り組んでください。


うつ病を100%治す治療法は、現時点では存在しません。
しかし、うつ病は治る病気です。私は治ると信じて治療を続けています。
これからも、効果のありそうなことは片っ端から試してみるつもりです。

この記事が、うつ病の治療に取り組む人にとって、何らかのヒントとなることを願っています。