おどりば

ロースペックうつ病患者のブログ。寛解をめざして!

メンヘラ的「頭痛ーる」活用法。気圧変化で体調が悪くなる人へ!

【スポンサーリンク】


こんにちわ、サユです。
「頭痛ーる」というスマホアプリを愛用しています。

頭痛ーる:気圧予報で体調管理 - 気象病・天気痛対策アプリ
頭痛ーる:気圧予報で体調管理 - 気象病・天気痛対策アプリ
開発元:pocke, Inc
無料
posted with アプリーチ

天気だけでなく、気圧変化の予報をグラフ形式でわかりやすく教えてくれるのが「頭痛ーる」の特徴です。

気圧変化で体調を崩す人、いますよね。
とりわけ、気圧が大きく下がる時に頭痛を訴える人が多い印象です。

私の場合、頭痛は起きないのですが、気圧が急激に上がったり下がったりする時にはほぼ確実に体調が低迷します。
うつ病患者ですからね。気分は落ち込むし、思考は暗くなるし、体はだるくなるし。
低気圧接近とか!台風接近とか!やーめーてー!!(涙目)

 

 

元気な時に頭痛ーるは見ない。

私は「頭痛ーる」を予防のためには使いません。
元気な時に頭痛ーるを起動することはしません。
気圧が下がる時に教えてくれるプッシュ通知は当然OFFです。
薬を飲んだかどうかを記録できる便利な機能もあるんですが、使いません。

だって、スッキリ元気な時に頭痛ーるを見て、「これから急激に気圧が下がる」という予報が出ていたら、やる気無くなるじゃないですか。
「そろそろ体調が悪くなるかも…」と思いながら過ごしたくないんです。テンション下がっちゃうので。

元気に活動できる時間は貴重です。頭痛ーるなんか見ていないで、活動しましょう。もちろん、無理は禁物ですけれど!

気圧が下がる時に頭痛が起こるとわかっているのならば、前もって頭痛薬を飲むとか、多少の抵抗はできるでしょう。
けれど、うつ病による体調不良はそうはいきません。予防する手立てがありません。
だったらいっそ、予報なんか見ないで過ごした方が楽しいハズ!

予報に自分の気分や体調が左右されてしまったら本末転倒ってやつです。
それに、予報は変わる可能性もありますしね。

 

 

頭痛ーるに体調不良の原因を求めて。

私が「頭痛ーる」を起動するのは、体調が悪い時です。
身体がしんどくて何もできないような気分の時に、スマホをいじって頭痛ーるを眺めます。

頭痛ーるが示す気圧にあまり変動が無ければ、「今回は気圧の所為じゃないのね」と思っておしまいです。それはそれで仕方がないと諦めます。

もしも頭痛ーるのグラフが乱高下していたら、「気圧の所為か!!」と納得します。気圧の変動という「体調不良の原因」を手に入れることができます。

体調が悪くなると、がっかりしますよね。
うつ病に改善傾向が見られているときはなおさらです。
「ちょっと調子が良くなったと思ったのに、またダメになってしまうのか。もう一生治らないんじゃないのか」なんて思っちゃったりもしますよ。

一度落ち込むきっかけを得るとどこまででも落ち込んでしまうのが、うつ病患者のメンタルです。 
そんな時に「原因」があると、安心できるんです。

「自分がダメなんじゃない、気圧が乱高下してるから体調が悪いだけなんだ。また時間が経てば回復する!仕方ないから今は休む!」

そんな風に開き直れたら「もうダメかも…」って思いながら苦しむより、絶対に楽ですから。
そりゃあしんどいことには変わりないけれど、それ以上の落ち込みは防げると思うんです。だって、気圧の所為なんですもの。

そんなワケで私は、体調が悪くなった時にだけ頭痛ーるを起動します。
安定した高気圧を示すグラフにガッカリすることもありますが、乱高下する気圧グラフに安堵することも多いです。

「気圧」というわかりやすい「原因」があれば諦めもつく。
そう思いませんか?

 

 

気圧変動で私はこうなる。

全ての人間の体調が気圧に反応するとは言いませんが、気圧が大きく変動する時に体調不良を訴える人は多いです。
うつ病患者に限った話ではありません。なにせ、頭痛ーるというアプリがあって、毎月20万人が利用しているくらいですからね。
うつ病患者じゃなくたって気圧変動のストレスで体調がおかしくなるんですよ。

ストレスに対する免疫が低下しているのがうつ病患者ですから。
気圧に体調が振り回されたって仕方ないよね!!

よく「気圧が急激に下がる時に体調を崩す」と言う話を聞きますが、私は気圧が急激に上がる時にも不調を感じます。
先日、気分が妙に落ち込むので頭痛ーるを見てみたら、この通り。

f:id:SayuLog:20160821170343j:plain

台風通過の影響をモロに受けて、一気に下がった気圧が一気に上がって安定するまで、不安感で胃がムカムカして布団の上に潰れていました。
でも、気圧が安定するにしたがって、何となく気分も落ち着いてきました。

自己分析の結果、私の身体症状はあまり気圧と関係無いようです。気圧が安定していてもだるい時はだるいです。
影響があるのは主に精神面で、無性に不安になったり理由が無いのに泣けたりする時に「頭痛ーる」のグラフを見て「やっぱりかよ!!」って思うことが多いです。

「気の所為だよ」と言う人もいるかもしれませんが、私の体調が気圧に振り回される傾向にあるということは私が誰より知っています。自分を観察する時間はいくらでもあるんだ!
人それぞれだとは思いますが、気圧変動を侮っちゃあいけませんぜ。

 

 

まとめ。

  • 気圧の予報を見て気分が落ち込むのは本末転倒!元気な時に気圧は見ない。 
  • 体調不良の原因を探る手段として頭痛ーるを使う! 
  • 気圧が大変動していたら「体調不良は気圧の所為!」と開き直る!
  • 体調と気圧の関係を客観的に観察・分析できると、精神的に余裕ができるよ!

以上、私の頭痛ーる活用法でした。
メンヘライフハックとしてお納め下さい\(^o^)/